思春期肌BLOG

美白

2021.04.05

ほうれい線が目立ち始めた

ほうれい線が最近深くなってきて悩んでいます。

今までこれと言った肌悩みが特になく、これから年を取っていくとシミやしわができ始めるだろうなと軽く考えていました。

美容にとても興味があるので、シミやしわなどに効果的な成分やスキンケア商品を沢山調べてきました。

ほうれい線は肌悩みの中でも一番最後の悩みだと勝手に思っていたので20代後半でほうれい線が目に付くようになってしまいとてもショックでした。

ほうれい線ができた時はどうしたらいいのかまで、まだ調べていなかったのでどうケアしていけばいいのかも分からず戸惑ってしまいました。

最近マスクで生活する時間がとても長く表情筋を動かす機会が減ってしまったことから、ほうれい線ができてしまったのではないかと考えています。

今後年を取っていくにつれて、よりほうれい線が深くなってしまうことが予想されます。

今からビューティーオープナージェルでケアして対策をしてほうれい線がより酷くなるスピードを遅らせることはできると思います。

マスクだからこそ家でも外出中でもできる顔トレーニングを始めました。

すぐに効果を実感できるものではないですが、意識して表情筋を動かすということを続けていくことでほうれい線が酷くなる事を遅らせることができると思うのでケアを続けていこうと思います。

2021.04.02

高校卒業して肌がきれいになった話

 私は高校時代、運動部に所属していました。普段から体を動かすことが好きで、代謝がよく、夏は特に汗をかいても拭ききれないほどでした。ズボラな性格なために背中はあせもだらけで、年頃ということもあり、ニキビもひどかったです。外での活動だったので、直射日光からくる肌のダメージもすごっかたので、あっという間に小さいシミができてしまったときはショックでした。

そんな私は、シミのショックがっきっかけでお肌のケアを意識するようになりました。

まずあせも対策は、綺麗なタオルで汗をこまめに拭くこと。ボディーソープは低刺激のものを使い、ヒルドイド軟膏を塗り続けました。あせもはそれだけで一気に良くなったのですが、顔のニキビ対策にはかなり手こずりました。アクネケアを謳うものをいくつも試しましたがどれも私の肌には合いませんでした。そんな私を見かねた母は、「保湿が大事。洗いすぎがよくないんだよきっと。」といいました。騙されたと思って、とにかく保湿を意識するように頑張りました。アクネケアの洗顔も辞めて保湿重視の洗顔料に変えました。みるみると肌のトーンも上がり、ニキビの赤みも気にならなくなりました。だんだんと楽しくなった私は、効率よく肌をきれいに保つ方法をネットで調べていくつか試してみました。

その中でも効果が感じられた・今でも続けている方法をご紹介します。

1、水を飲むこと。水を飲むことによって、体内の毒素を効率よく排出してくれます。

2、野菜を沢山食べること。野菜を沢山食べてビタミンを沢山摂取します。どうしても足りないときはビタミン剤を飲んでいます。

3、生活リズムを整える。特に早く寝ることで、効率よく肌の再生を促します。

以上の事と保湿を意識することで私はグッときれいになりました。続けることが一番大変ですが、まずは小さなことからでもチャレンジしやすいと思います。きれいなお肌のために皆さんも一緒に頑張りましょう!

カテゴリーリスト

フィード

Copyright (C) sisyunkihada.cloud-line.com All Rights Reserved.